話せない人

場面緘黙症と情緒不安定な日々

合理的配慮とスティグマの問題

「自分のことを情緒障害も含めて知ってもらいたい」 「でも、変なやつだと思われたくないし、過度に気を使われるのは嫌だ」情緒障害のカミングアウトには、このようなジレンマがあります。そのため、身体障害などと比べても開示が難しいです。まず、配慮を受…

5月病と緘黙啓発

自分自身が5月病になってしまい、緘黙啓発どころではなかった…。気持ちも落ち着いてきたので少し緘黙の話を書きます。 5月は場面緘黙症啓発月間です 5月は場面緘黙症啓発月間です | 場面緘黙症Journalブログ今更ですが、5月は場面緘黙症啓発月間です。 さて…

マイノリティとどのように接するか

自分はかつて場面緘黙症という情緒障害を抱えていて、ある種のマイノリティとして扱われてきました。ある場面、場所、人の前では一言も話すことができませんでした。他人からすれば、なぜそうなるのかさっぱり分からないでしょうし、自分もいまだにそれを適…

汝ら己を愛するが如く

ツイッターの緘黙クラスタのつぶやきを見ていると「死にたい」とか「消えたい」というような自己否定的な言葉が多い。また自分は、人を愛したり、なにかしてあげようとしても、ぎこちなくなってしまってうまくいかない。この自己肯定感の少なさと、人を愛す…

内向型人間の生き方

あなたは学校で「殻に閉じこもっていないで、もっと元気に」とハッパをかけられたかもしれない。このいやな表現は、自然界には殻をかぶったままどこへでも移動する動物もいるのだから、人間だって同じなのだという事実を認識できていない。 スーザン・ケイン…

Selective Mutisum と 場面緘黙症

Twitterで話題になっている海外の緘黙児の動画。5歳の女の子マデリン(Madeleine Raines)は、家庭にいる時は快活でおしゃべりな女の子(動画 1:00~2:00)。 ところが、学校などでは話すことが出来ない(動画 2:00~)。 また、9歳の男の子ロバート(Robert Gibson…

歩きながらの妄想

自転車を盗まれたので、駅前の交番まで盗難届けを出してきた。 近場の移動は、ほぼ自転車。自分にとっては足を盗まれたようなもの。なんてことしてくれたんだ馬鹿野郎。婦警のお姉さんに盗難場所や自転車の特徴を聞かれて、あれ、どうだったっけ?と思い出せ…

哀しい話が好き

「しかもふ君はどんな映画が好きなの?この手の「どんな○○が好き?」という質問をされると固まってしまう。他の緘黙症の人もこういった質問が苦手らしく、緘黙症には秘密主義的傾向があるような気がする。人生を極めて消極的に生きてきたけれど、自分だって…

浮き沈み

気持ちの浮き沈みが激しい。自分がこの部署にいること自体が、不安で仕方ない。 自分よりもっと優秀な人がいる。自分はなんの成果も出せていない。会話にも参加できない。自分はここに必要ないんじゃないか?仕事だからみんな自分と話してくれるけど、そうで…

言葉に対する執着

中学生の時にJavascriptで人工無脳を作ろうとして、「こんにちは」と入力すると、「こんにちは」と返してくれる簡単なプログラムを書いた。あらかじめ言葉を登録しておいて、完全に一致していなければ返してくれないし、自分で作っているから、応えになんの…

自分たちの気持ちを自分たちの言葉で表現する

自分が生まれた頃にネットはなくて、自分の存在は全く意味不明で、名前すら無いと思っていた。自分は重松清の『青い鳥』で、初めて場面緘黙症という言葉を知った。それはネットではなかったけれど、言葉を知ったことで情報が集めやすくなった。ネット上を見…

社内ニート?

金曜日の夜、酒を飲みながら書いています。先輩の仕事を見ていると、期限通りにちゃんちゃんとモノを仕上げている。自分の仕事は、一日で終わるようなものではなくて、長期的に計画を立てて、作りあげるものだ。自分はその計画が甘くて、いつも期限を超過し…

言葉を吐き出す手段としてのラップ

www.youtube.comハートネットTVに取り上げられたりと、注目を集めている自閉症ラッパー(この呼び方が良いのかわからない)のゴメス君。動画の半分は即興で言葉を紡ぎだすフリースタイル。自分の言葉で、思っていることを即興で話す手段としてのラップ。かっ…

会話の自由度を上げたい

会話が、全然続かない。そして、まったく楽しくない。どうして、こんなに苦しくてつまらないのだろう? 話していて楽しいのは、家族とほんの一部の人だけだ。自分の車で人を送るとき、iPhoneでいつも聞いているYMOをかけずに、ラジオにする。「車で音楽聴か…

働き始めて1年半

もうすぐ働き始めて1年半になる。自分は理系だから技術職に就いている。これが営業だったら即効で辞めただろうけど、そういった異動の話は聞いていないし、ここに居られる限りは、留まるつもりだ。 他の労働環境と比べてどうなのか知らないけど、自分のスペ…

同化と隔離の問題

この頃は花粉が本当にひどくて、くしゃみがとまらない。 あまりにひどいのでアマゾンで一番安い空気洗浄機を購入したのだけれど、送り先を実家のままにしていたため、取りに行くことになってしまった。金曜日の夜に実家へと帰り、母親と妹と一緒に買い物をし…

緘黙時代の友達

緘黙状態で、友達を作るのは難しい。僕の友達は学校以外の場所にしか居なかった。小学校に入学する前、近所に住んでいる男の子、Y君とよく遊んだ。 彼は僕が緘黙であることを知らず、僕も普通に話すことが出来た。ゲームをしたり、ブロックを組み立てたりし…

就職してしまうことへの罪悪感

場面緘黙を隠して就職してしまうことに、後ろめたさや罪悪感のようなものを感じていたけど、2ヶ月働いてみて、自分の影響力の小ささに気づいてからは、そういう気持ちが徐々に薄れていった。 何処にいても「自分はここにいてはいけないんじゃないだろうか?…

ツイッターで緘黙症当事者とつながる

ツイッターで、ときどき緘黙についてつぶやいている。 しかもふ (shikamohu) on Twitter緘黙に関係ないことがツイートの8割くらいだから、緘黙関係の人にフォローされると、少し申し訳ない気持ちになる。ブログはこうして緘黙専用のものと、そうでないものに…

僕の場面緘黙の半生

幼少期に緘黙を発症 場面緘黙は幼少期に発症することが多いらしく、自分の場合も3,4才で話せなくなっていた。緘黙になったきっかけは、はっきり覚えていない。ただ、保育園で自由時間に飛行機や戦車の絵を描きながら、ブーンとか、バーンとか、無意識に独り…

場面緘黙症のブログはじめます

はじめまして。しかもふと言います。 僕は場面緘黙症という情緒障害を患っており、物心ついたころから高校を卒業するまで、学校では一切会話ができませんでした。「あ」って言ってみ、とよく言われましたが、「あ」と言うことすら出来なかったのです。 今は…